<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 4/26放送分 | main | ラジオ・宮崎ヒーリングタイム5月10日放送予告 >>
# ラジオ・宮崎ヒーリングタイム5月3日放送分今週のヒーリングアクション
この放送は、宮崎県内の方々をはじめ、サイマル放送にて聞いて下さっている視聴者の皆様に、本来の自分を取り戻すコツや、更に自分を開花させるコツなどを盛り込んだ癒しをテーマにした情報番組です。
放送は現在終了しています。


皆さん!ゴールデンウィークどのようにお過ごしになられたのでしょうか?
私は、社会人になってから、多分初のゴールデンウィーク体験をさせて頂きました。
というのが、社会人になってからずっとサービス業についていまして、
このヒーリングのお仕事もサービス業なんですが。。。
お客様に満足の行くサービスをさせていただくためには
自分がまず、満足しておかないと!と今年の初めにしっかり決意したのです。
そうしたら、宇宙がゴールデンウィークを下さいました(^^)

久々の主人とのデートも楽しかったです♪

さて、今週の特集は「クリスタルチルドレン」でした。
今回の情報は、
クリスタル・チルドレン―感性豊かな愛と光の子どもたち
クリスタル・チルドレン―感性豊かな愛と光の子どもたち
ドリーン バーチュー,Doreen Virtue,鈴木 美保子

からご紹介しました。
以下、本の内容を1部抜粋してご紹介します。

クリスタルチルドレン(以下、単に「クリスタル」とも呼びます)を見て、
最初に気がつくのは彼らの目ー大きく、吸い込まれるような、そして年齢
不相応に賢い目です。その催眠をかけるかのような目でじっと見つめられると、魂の奥底まですべてをすっかり見透かされているような気分になります。
 多分あなたは、惑星に急速に増えているこうした特別な"新種"の子どもたちに出会ったことがあるでしょう。彼らは満ち足りて、愉快で、実に大らかてす。新生児から七歳くらいまでの子ども、新種のライトワーカーたちは、その前世代の子どもたちとは異なっています。
いろいろな意味で理想的である彼らは、私たち人類の行方を指し示してくれています。それは明るい未来なのです!
"インディゴ・チルドレン"と呼ばれる1世代前の子どもたち(ほぼ7歳から25歳くらい)にも、クリスタルと同じ性質がいくつか見られます。
どちらも非常に感性豊かで、サイキックな子どもであり、大切な使命を持たされています。その主な違いは気質にあります。
インディゴたちは、その集合目的が、もはや無用となった古いやり方をつぶすことにあるため、戦士の気質を持っています。筋の通らない政府や教育、
法律のシステムを壊すために彼らめ、彼らははやってきたのです。その達成のために、彼らは激しい気性と烈火ののごとき決意が必要でした。
 変化に抗い、従順さを重視する大人たちはインディゴを誤解することもあります。インディゴたちにはよく、ADDやADHD(注意欠陥/多動性障害)といった間違った精神疾患名のレッテルが貼られていたりします、投薬されていると、悲しい事に、彼らの素晴らしい敏感さ、天性のスピリチュアルな資質、
戦士の気質がおうおうにして失われてしまうのです。
私はインディゴについて多くのことを前著『The Care and Feeding of Indigo Children(インディゴ・チルドレンのケアと食事)』のなかで書きました。またリー・キャロルとジャン・トーバーの共著の『インディゴ・チルドレン』(ナチュラルスピリット刊)でも詳しく取り上げられています。
 対象的に、クリスタル・チルドレンは至福に満ちて、気性も穏やかです。もちろん彼らも時にはかんしゃくをおこしますが、たいていは大らかで穏やかです。クリスタルはインディゴが切り拓いた道の恩恵を受ける世代です。
まずインディゴ・チルドレンが筋の通らないものすべてをなたで刈り取り、
次に続くクリスタル・チルドレンがより安全で揺るぎない世界へと道ならし
をするのです。
 インディゴ、クリスタルという呼び名は、それが彼らのオーラの色、エネルギーのパターンを最も正確にあらわしているために与えられたものです。
インディゴたちのオーラにはよくインディゴブルーが見られます。これは
「第三の目」のチャクラの色で、眉間の内側のエネルギーセンターにあたります。このチャクラは透視力、つまりエネルギーやビジョン、スピリット
を見る能力を司っており、インディゴ・チルドレンの多くがこの能力を持っています。
 クリスタル・チルドレンは、クウォーツクリスタルのプリズムのようなパステル状の色合いのオーラを持ち、美しい多色のオパールのような光彩を放っています。この世代はまた、その名"クリスタル・チルドレン"の通り、本書の後半で触れるようにクリスタル(水晶)や石が大好きです。
 
  クリスタル・チルドレンには、以下のような特徴があります。

※普通、1995年以降に生まれている
※強烈な凝視を伴う大きな目を持つ
※人を惹きつける磁性のある性格を持つ
※極めて愛情深い
※子どものころ、話始めるのが遅い
※音楽を好み、話すよりも先に歌うこともある
※テレパシーと自己流の手話のようなもので意思疎通を図る
※自閉症やアスペルガー症候群(訳注 自閉症と同じ範囲に分類される対人関係を築きにくいことなどが特徴的な発達障害)と診断されたりする
※穏やかな気性、優しく、愛情深い
※他人に寛大
※非常に敏感で共感的
※自然や動物と深くつながっている
※ヒーリングの能力を見せる
※クリスタルや石にとても興味を示す
※よく天使やスピリット・ガイド、過去世の記憶について話す
※極めて芸術的で創造性豊か
※"普通の食べ物"より菜食やジュースを好む
※驚くほどのバランス感覚を備えた、怖いもの知らずの探検家、どこへでもよじ登ったりすることがある

と、こんな感じです。
いかがですか?あなたのお子様、もしかしたら、あなた自身が
クリスタル チルドレンの1人かもしれません。
ご興味をもたれたら、是非本を手にとってご覧下さい。
自分の行き方、子どもの行き方のガイドブックとして大変有効だと思います。

さて、今週のラッキーヒーリングアクションは先週に引き続き、
「子どもに帰って大いに遊ぼう!」です。

今週もワクワクする方へ行きましょう♪
| - | - | 21:17 | category: 今週のヒーリングアクション |